« 2012年3月 5日 (月) | トップページ | 2012年3月 8日 (木) »

2012年3月 7日 (水)

2012年3月 7日 (水)

「ほっとけ!3人組」~1月22日石田サン出演の前編~

ノンスタ大好きさんななです

だいぶ前になりますが石田サン出演のほっとけ!3人組のレポです

じつは今回、石田サンの多忙を考慮してか?

石田サンの出演部分が結構少なかったのでちょと寂しい(ρ_;)

中盤まで石田サン出てきませんっので、あらすじ多めで参ります~

登場人物などの説明は、以前のノンスタ出演レポートで参照くださいませ

005 あら~また3人組が住職に説教されてますよ~

003 その原因は・・・

藤「絶対イケメンになれます・・・?」

008 はなさき寺体験修行の集客のため

過剰な宣伝ポスターを町中に貼ってしまった3人☆

013 そこへ洋祐が檀家さんを連れてきて

「どやさ!どやさ!どやさぁ~!!」ノブ念「これが墓参りに来る恰好ですか!!」ww

017 いくよサン・くるよサン姉妹は石田物産の社長と副社長

二人は、あのポスターを見て体験修行をお願いに。洋「まぁ体験修行は出来ますよ!」

018 「うちには年頃の息子がいてますねん。

その息子、体も気も弱くてねぇ。」洋「えっ?!こんなに・・いいんですか?!」

過剰ポスターのことを知らない洋祐は、いくよサンの息子の体験修行を引き受けてしまいました。

019 ノ「今、なんか隠してなかった?!」

大念「金やん!!」 ノ「はやっ!!」 ウー念「見せて!見せて!!」

020_2 大「ありがとうございます!!」

洋「急に態度変わったな!」いくよサンからもらったお礼を3人に分けてしまう洋祐。

早速、うまい棒を買いに行く3人w

023_2 今度は小藪&なるみ夫婦がやってきて

小「洋祐に会いたいって言う人がおったで!」 な「めっちゃ男前の人!!」

025
 「なつかしいな!」「なつかしいな!

大学時代の後輩・健太。ど、どうやら二人ともイキリキャラ・・・?

033 健「だって、人は生まれた時から

それぞれが特別な存在なんですから!健太でした!!

な「かっこいぃぃ~~!!」 洋「オレのや!!

京都に傷心旅行に来て、お寺に泊まることになった健太。ややこしいことに巻き込まれそうな予感★
 

040 「息子を連れて来ました!」

明~!こっちよ~!!」出たーっ!(゚▽゚*)

041 「・・・(ハァハァ)」・・・あれ?( ̄Д ̄;;

「すぐ行きますんで」

043 ダッ(1歩、2歩・・)

044 「はぁっはぁっ

「え゛ーーーーっ?!ヾ(*゚A`)ノ」「体弱っ!!」

045 ノ「ここまで来るの遅っ!!」

明「すぃません・・・ハァハァ」

047 明「石田明と申します。よろしくお願いしま・・」

フラッ「ちょっと!!」「えーっ!」「どんだけ体弱いねん?この人!」

048 い「息子の明です~

洋「あ、どうも~!!^^」

050 ノ「ちょと!修業ってなんのこと?!」

洋「あ、兄ちゃん達に言ってなかったっけ?」ようやくお互いのミスが発覚

052 洋「はぁぁ?!(゚Д゚)何これムチャクチャなこと書いてるやんか

053 「???」

054 洋「さっき1万ずつあげたやんか!」

「アレかぁ~!」もうお金は使ったあと・・・

055 大「今日は修業ムリです!だから帰ってください!」

明「いやいやいや!だってお金払ってますし・・」

058_2 大「とにかく帰ってくださいって(ドン)

明「!!」

059 明「・・・(フラッ)

ウ「あぁぁあぁ~~~っ!!」

060_2 大「!!(サッ)

バターーーンッ!!

061 ノ「受け止めたれや!お前!!

大念!避けるなぁぁ~!!\(;゚∇゚)/

063 しかたなく、住職が帰ってくるまで

洋祐たちは、明と一緒にとりあえず修業することに・・・(;´Д`A ```

062 「・・・・。」

╲ZZZ~・・・ZZZ~・・・ZZZ~・・・╱

066 バシッ!!

ウ「い゛たぁっっっ!!Σ(ll゜◆゜ll)」ノ「ウー念!お前が寝てどーすんねん!!

あ、あの叩く棒・・・本物ちゃいますか・・・?ι(´Д`υ)音が重かったもんウー念痛すぎてビックリしてる。

068 大「ZZZ~ZZZ~ZZZ~・・・」

ノ「寝相のクセがすごいな!!」 いやいや、もっとクセのすごい人が。 

069 明「ZZZ~!!

070 ノ「えぇっ?!Σ(゜д゜;)

072 ノ「明さん・・!(ビシッ!!)

073 グ キ ッ !!

「あぁっ!!」 ノ「お、折れた・・?!」 「大丈夫?!」

075 明「あ、全然骨折です!大丈夫です!

だから、それは大丈夫じゃないやつ!!ヽ(;´Д`ヽ)

079 「お見合い相手のまきちゃんも

やっぱりたくましい男がええんやろなぁ~

080 ウ「ほんまや!むっちゃいい女や~!

明「ちょっと!言い方あるでしょ!!」ウ「これは修業がんばらないといけませんね!!」

お見合い相手に一目ぼれした明は、どーしても強くなりなりたいようですが。

081 明「よろしくお願いしま・・(ガクッ)

083 「あーーーっ!!」

明「頭が重たい・・!」 ノ「折れる!首が折れるから!!」先行き不安だらけ

085 藤「体力作りやったら、ダンスなんかどうやろ?」

╲わぁぁ~~~!!ヽ(´▽`)/╱ここんとこ、藤井サンのダンスが子供達に大ウケ!

明「でも僕、やったことないんですけど・・」と、言いつつ。

086 藤「音、ください!!

~~~~~~~~~~ノ「なにこの曲?!」

087 てか、明が踊ってる・・・!!?Σ(・∀・;ノ)ノ!

088 「

089 「~」

090 「~」

踊り狂う二人・・・( ̄∀ ̄;)最後には

092 藤「(グイッ)

明「あ゛ーーーーっ!!Σ(lll゜◆゜lll;)

093 明「あーーーたたたたた!!((lll;д;lll))」

ノ「何してんの!藤井サンッ!!

094 「顔!顔・・!!」「藤井サン・・!!www」

それどころではない石田サン・・^^;

095 明「恥ずかしいよぉぉ~!!」

096 ノ「明サンも、何調子乗ってやってんすか!」

ドン!! 「あーっ!!」

097 ボキボキボキッ!!

「あ~!全部折れたっ!全部折れたっ!!」死ぬって!∑(゚∇゚|||)

098 藤「ちゃんと踊れたや~ん

099 「踊れてないって!!」藤「?」

100 ちっとも修業にならない4人・・。

もうすぐ住職が帰って来てしまいますよぉ~ 大「もっと手っ取り早い方法ないんかなぁ

101 そこへ・・・。

濱家「えらいサビれた寺やのう、これぇ!」 悪役登場~

102 大「ノブ念!ええの思いついた!!」

大「あいつらと、石田サンを戦わしたらええねん!!」

103 明「ぼ、僕?!無理ですよ!!

大「実践で鍛えるのが一番!修業やと思って行ってこい!!」

104 大念のムチャクチャな思いつきで

明「お・・おう!こらぁぁ・・・!!やんのかーいっ・・(`Д´ll)」

106 濱「お前が相手かーいっ!バキッ

うわぁーーーーーっっ!!Σヾ(゜◆゜ヾlll)

107 洋「石田サン・・っ!ちょっと・・!!」

明「

108 大「大成功や!!

ノ「ドコが大成功や!!大失敗や!こんなもん!!

110 ここは最終兵器に頼るしかない

大「フーーーーッ!!」濱・山「クサッッ!!(。>д<。)

111 山「こんなクサイ奴初めてや!逃げろ!」

見事不良は退散・・・

113 ウ「さすが大念!!

大「ウー念・・・大念は、すごく、傷ついている・・・(;ω;)」ま、まぁ良かったじゃないですかっ

116 石「ぁ~いたたた・・・」

「修業ちゃうやん、こんなん・・・

118 みんなが救急箱を取りに行ってる間に

明「僕、今大きな壁にぶち当たってまして、それから逃げようかと・・」

119 小「時には逃げるのも、一つの手だと思いますけどね!!」

明「え、じゃぁ、僕逃げてもいいんですか?!」 小「全然OK!逃げたらええんちゃいます?!」

120 明「じゃぁ、逃げますっ!!」わぁっっΣ(;・∀・)

なんと!修業の途中で、明は逃げ出してしまいました!!

これからどーなるのーっ!?今回は、ここまで!後編へ続きます^^;

以上、「ほっとけ!3人組」前編プチレポートでしたっ

「ほんわかTV」プチレポート!~家政婦イシダを見た!編~

ノンスタ大好きさんななです

色々やりたいレポートがありすぎる

まずは先週のほんわか!今回は焼津のミルクガニ漁

001 ロケ2時間前の朝5時!!

おはようございま~す・・!」寝起きのブスマイル

002 「現在バレンタインデーの朝の5時でございま~す!」

003 このヒソヒソ声・・・てことは

「恒例の寝起きドッキリを行いたいと思いまーす!」

004 前は石田サンがっつり起きてて大失敗

今回こそ石田サンの寝顔を見せて~!! AD君の靴下片手にいざ!!

005 そぉ~っとドアを開け・・

006 ・ ・ ・ ! ! え・・(゜ω ゜;) 

い、いしださん・・・

007 井「ウソやろ?!(w--;)」

いしださんなにしてんのぉぉぉっ!?Σ(・∀・llノ)ノ!

009 はっ

スタッフ╲ぷっ(*≧ε≦*)・・くくく・・!!╱

010 「違う!違うねん!違うねん!!

な、何が違うねんっっ!?( ̄◆ ̄;)いのえるのつなぎをアイロンがけ・・ってヨメかーっ!!←(*゚∀゚)=3ハァハァ

011 井「 ・・・・。」またしても失敗

石「違うねん・・!」←まだ言ってる

012_2 石「違うねん・・オレ・・(ぎゅぅ)」

あ、あの・・これ仕込みじゃないよね?眠れない石田サンは、やることなくてアイロンかけてたってこと?( ̄◆ ̄;)

013 黙って出て行こうとする井上サンに

石「ちょっと待って!ちょっと待って!違うねん!」

014 井「・・・。」←かなりハズかしい

015 石「あのぅ・・」

016 石「これ・・

アイロンかけといたから・・・」

017 「今日も・・

ロケ、がんばろうな・・・」ほぼ告白ですやん・・!:*:・(*/////∇/////*)・:*:

018 「 ・ ・ ・ ・ 。 」

なんの間?!(*´Д`*) スタッフくすくす( ´艸`)

019 「・・・うん」一人うなづく!

020 なんすか!この関係・・!(ノ∇≦*)

022 振り向き、見つめ合う二人・・・(゚▽゚*)ぁぁっ

023 石「うん

井「なんじゃ!こいつ!」 スタッフはこの二人のこと、どー思ってんだろうか

024 「・・・・。」相方にアイロンされた衣装を見つめ

025 「着替えてきます・・・。」

Cocolog_oekaki_2012_03_07_12_26 という意味深なテロップを残し・・

026 さぁ!ロケ始まりますよーっ!!

027 井上サンイキッてる( ´艸`)

028 船長「美味いもんてことは食えるだらっ!

石「おまえ、バカだらっ!!」井「急に方言入れてくんなや!」

この船長さんクチは悪いけど、面白い!どんどんノンスタと仲良しになっていきます^^

029 焼津名物の深海サメを網で引き揚げ

030 さらに1時間船を走らせてカニを獲りに。

井「この雨の中?!」 もうビッショビショやん!(゚д゚;)

031 船長「帰りたいよ!オレも!!」

喋り方が具志堅さんっぽい^m^; 「みんなして言うたら帰らしてくれるって!」

032 という船長の誘惑に乗る二人

「かえりたぁ~い!かえりたぁ~いっ!!」駄々っ子ふたたび!(〃▽〃)

 
034 カニの漁場で、しかけた網を引き揚げた石田サン。

035 1個目も2個目もカニはおらず

大抵1匹ぐらいは絶対いるハズなんですって。

036 船長からダメ出し!

船長「2つも揚げてカラはダメだよ!!」井「お前は日々アンラッキーやからそうなるねん!」

037 石「!!」井上サンの振り?

石「もしかしてこれは本の宣伝してくれてる?!」しっかり告知を始めた石田サンw

038 石「2月20日から僕の『ばん・・」

船長「ちょっと待った!!」 石「!!」船長阻止 ∑(゚∇゚|||)

039 あははは!!

石「本が出てるんです!本が!!」突然止められた石田サン焦る!

040 「そんな本は買わなくていいから!!」www!

カメラ目線を覚えた船長!どうやらTV大好きやな( ̄▽ ̄;)このひと。

041 石「なんでや!こらぁ!」

船長「半日いただけで大したことないのわかったから!!」 石「ヤメろぉ!」www!!仲良し(*^-^) 

042 さてさて、本題のカニは井上サンが!

043 井「いーるよーーー!!」

これがミルクガニ!真っ赤!本当はこんな色じゃないらしいんです。

044 深海3℃から海面18℃へ揚げられるうちに

「湯だっちゃうよね!」石「ほぇぇ~!」すでにボイルされてる感じ?(゚0゚)

045 海底ではこんな真っ白!

046 それからカニがいっぱい~

井「大漁やでぇ~~!!」

047 井「やったぜぇ!!」

048 でっかいタラバも!

049 石「井上、はさまれんなよ??

い、石田サンっ!!\(;゚∇゚)/

050 石「鼻とか はさまれんなよ!!

井「そのフリするには巨大すぎるわ」ただでさえ低い鼻やのに^^;←コラ

051 船上オリジナルの食べ方?

052 「えっ?!」

053 「マジで」( ̄Д ̄;;

054 船の煙突にカニを突っ込んで

055 「OK!!」!!ヒィッ!!(゚ロ゚;ノ)ノ

「うそぉ?!」

056 いやあのススで真っ黒なんすけど(;・∀・)

井「全然食べたいという意欲が湧いてない!!」

057 「中はジューシー!」という船長さんですが

いくら殻につつまれてるとは言え・・体に良くなさそうですけども。。

059 井「格段に美味いっ!!

060 石田サンも試食

061 「!!」美味しくて

「(ドン!)

062 いのえるの肩にグーパンチ

井「なんで叩くねん?!」 石「う~~~んまっ!!」 

てことで、無事ミルクガニ捕獲成功~

063 まずは、焼津名物深海サメ料理から!

064 おさしみはフグやヒラメと間違うぐらい美味

ふかひれスープも「

065 さらにメインのミルクガニ

石「うわー!!」

066 「弾力すごーい!!」

067 「・・・(ゲホゲホ)

068 井「どした、どしたっ?」

おいしすぎて咳き込んでしまうほど!

069 カニフライをほおばり・・

井「・・・ふっふっふっふ・・(w`▽´)」不敵な笑みを浮かべるいのえる

070 石「キタキタキタ!

これは、美味い時に出るブス!!」www

071 最後はお鍋

”ミルクガニ”の名前の由来はこの香り

072 井「香りが、ミルクっぽい!」

このカニミソがミルクの香りの成分を持っているらしく

073 石「~~

井「顔見ながら食うな!」

074 「うわぁぁ~~!!これむっちゃウマイ!!」

075 この日は本当に寒そうでしたもんね!

美味しいフルコースを堪能してロケ終了~お疲れ様でしたぁ~!

以上、「ほんわかTV」プチレポートでしたっ

« 2012年3月 5日 (月) | トップページ | 2012年3月 8日 (木) »

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト
無料ブログはココログ

Twitter