« 2012年6月 4日 (月) | トップページ | 2012年6月 8日 (金) »

2012年6月 7日 (木)

2012年6月 7日 (木)

「このへん!トラベラー」プチレポート!~5月26日編~

ノンスタ大好きさんななです

だいぶ前ですが、このトラ5月26日レポです。

001 今回はリニューアルしたNGKへ!

こんなにガッツリロケしてたのかぁ!Σ(;・∀・)見に行きたかった~!

井「今回はリニューアルされて、1か月半経ったNGKを・・」 福「したてや!リニューアルしたてや!!」

002_2 あれ?このトラコールなかったよ

まずは1Fフロアのお店を探索

井「もうほら、”タレカツ弁当”って書いててその上に”吉本名物”って書いてますよ!!」

003_2 みんなで試食~

徳「ご飯めっちゃうまいっ!」 私こないだ隣りの千とせで肉吸い食べました~^^←だから何だ

004_3 えーっ!!なにこれ!

井「こんなんありますよ!!」 福「え?!」 井「吉本男前2011ビジュアルプレート!!」

005_3 井「わ!入ってますよ!一人!」

石「Σ!!ふはははは!!

006 井「なんかいますよ!!」

福「石田、入ってるやないか!」 井「ちょ、おまえ(やれや)!」石「なんでオレが自分ですんねん!

007 結局石田サンがガチャガチャするはめに

ここで、ミニコント入りまーーーす!!徳「誰のファン~??」

008 「えー・・そーやなー・・・。やっぱ井本サンかなぁ~

お笑いオタ・石子は、やっぱり面食い

009 徳「あーやっぱライセンス好きなん!」

石「誰がいい~?」

010 徳「え、アタシはぁ~・・・アタシ菅ちゃん

石「菅ちゃんかわいいもんねぇ~」ガチャガチャして出てきたのは・・・

011 石「いやぁ~藤原サンやぁ

なんと男前1位の藤原サン登場~!これいいね!やりたい!o(*^▽^*)o

012 徳子の提案

徳「ほんならアタシが井本サン出したら、換えたげるわ!!」 石「ほんま?!やって!やって!」

013 徳「(井上!)お金ちょーだい!!

井「なんで俺から取っていくねんっ!!」www

014 徳「あ~っ!松田やぁ!」www

福「微妙やなぁ!男前っちゃ男前やけど!」微妙言うな!^^; 徳「あんたもやりぃさ!」

015 福子も参加そしてなんと!

「あーーーーーっっ!!」井本サンGET~~~

016 徳「自分、良かったや~ん

石「ありがとぅ~!!(≧∇≦)」3人でキャピキャピ

017 井「まだ中入ってへんねん!!」

018 石「あれ?ちょ、あれ、ピースちゃう?!Σ」

019 福「行こ!行こ!行こ!!バタバタ

井「行くな!行くな!おい!そんなファンおるけど!!」 ちゃんちゃん

020 続いてB1Fご当地市場へ。

物産展が入れ替わりで開催されてるんですよね!

022 ご当地の名産ベスト3をまたまた試食

023 徳「めっちゃかわいないっ?!見て!!(゚▽゚*)

「箱カワイイ~!!」 井「そんなかわいないって!」 こーゆーとこ女子やね徳井サン( ´艸`)

024 石「いや~ん!かわいいぃ~!!

福「超ウケるぅ~~!!」 井「ウケへんて!」

025 徳「(はむ)

女子コントをやりすぎた徳井サン・・・?

026 徳「あぁ~すっきりぃ~!

福「IKKOさんやん!!」www

027 エスカレーターで2Fへ。

028 福「いつもお客さんてこんな風に笑顔で来てはんねやな!」

徳「ようこそ吉本へ!!」 この日、NGKに来た人めちゃくちゃラッキーやねぇ

029 ミックスジュースを飲みながら立ち話

↑一人話も聞かずチューチューしてる石田サン(*^m^) 

井「僕らも100周年ということで、普段行かない場所でソロイベントをするという・・・」

030 100周年を背負ったノンスタライブの話に。

井「チュートさん、何かないんですか??」

そー言えば、チュートは最近イベントやってる・・・?

031 徳「今のところ、100周年ということで。

何も考えてないです!!」ないんかぃっ まぁ忙しいもんね・・・。

032 福「俺は人知れずバイクに乗ろうと思っている!」

いつもやんっ!それ、いつもと一緒やんっ!!\(;゚∇゚)/

033 千とせの隣にあるAKB48カフェ

井「この奥がカフェ?」 石「へぇ~!」

034 早速潜入~!!

「新メンバー4名様ご案内しまーす!!」 ╲いらっしゃ~~い!!

035 AKB考案のメニューにとまどう三十路

徳「あ、あの~、ほれ!あのぉ~~~若い子の料理や!!」 「Σ師匠・・!」

036 石「師匠普段こーゆーのは食べるんですか?」

徳「もう、あー・・わしゃアカン!!」 井「食べろや!!

037 柏木家のバナマヨパン・・・ι(´Д`υ)

徳「ちなみに”博多店では微妙な反応”って書いてある・・!」www

038 「・・・・」 バナナにマヨはそーなるてΣ(;・∀・)

039 意外に楽しそうな最後の掛け声

「お客様お帰りです!おおきに~!」╲また来てや~~!!

040 さらに楽屋内に潜入すると

ナゼかダイヤモンド☆ユカイさんを発見

041 井「伝統あるシート、張り替えましたぁ~!!」

福「え?一緒!一緒!」いや、どうせなら違う色にすれば良かったんじゃ・・(´A`;)

042 とか言ってると・・・!

「おはよございます!Σ( ゜Д゜)!」 福「スーピー?」石「スーピーやんけ!おい!」

043 あら、ほんとにピースと遭遇!

徳「忙しいからロケですわ!えぇ!」 綾「徳井サン、大阪だとこーーゆースタイルでやってるんですか?!」

044 徳「ノビノビやってまんねん!!」www

綾「ノビノビって範ちゅう越えてますよね・・・!」やたら動物を集めたがる大阪班

045 いのえる、綾部さんイジリ^^

井「レギュラー番組、何本か言うて!!ウィキペディアに載ってるの全部言うて!!」w

046 綾「それで言うと・・今12本です。」

╲「いやぁぁぁ~~!!」╱

047 こーゆー計算は早い徳井サン

徳「これざっと年収にしますと!」

048 徳「22億です!!チャリーン」www

綾「!!なんすか!そのクソみたいな計算・・!」 石「お前・・そーなん?!」

049 ピース反撃

綾「お前らの方がよっぽど金持ってんじゃねぇか!!」

050 福「いや!それはナイよ!こいつらは!!」

即答・・!Σ(・ω・、ノ)ノ! 井「ハッキリ言いすぎや!!

051 しかし許せないダイシのプライド

「ただ、まぁ今までの稼いだ額やったら俺らのがちょっと勝ってると思うけど!!」

052 井「ヒガミがハンパないやん!!」www

お金にはウルサイよ!石田サンとこの子は!(;´Д`A ``

053 そんなやりとりを・・・

徳「大先輩!写真撮りすぎでしょ!!

054 雅サンが隠し・・(てないか)撮り!

「何してるんすか!」「冠婚葬祭ちゃうんですから!」

055 雅「有名人いっぱいおるから!!」ww

「雅さんもや!」「一番有名!」 雅「アホか!俺は大阪おるんや!!」←東京で何があった?^^;www

056 そんな雅サンに怒られた井上サン

井「僕、昨日雅さんに怒られたんですけど、その理由が

『お前、俺のFacebookの申請断ったやろ』って。」 徳「はははは!!」wwww

057 雅「友達申請したら断られてん!」www

井「」 本名でわからなかった(w`ω´)という井上サンですが。

058 雅「二度とこいつと連絡取られへんようになってもた!!」www

石「マジっすか!?」福「天狗やな!お前!!

059 芸人なら。イヤ!お笑い好きの関西人なら

雅さんの本名知らないハズがないのです!!^^;

雅「俺、北村雅英(ペイソンガーエイ←トミーズテッパンボケ)やで!!」www!

徳「お前、知ってるやろ!」井「知ってる!!子供の頃から見てますよ!!」

石「何万回聞いてん!」 ワイワイガヤガヤ

060 坂田利夫さんに

061 西川きよしさんも!!

西「犬持ってる?!(・∀・)」

062 しかも、トラのこと知ってた~!!

ピースにお笑い指南 西「めちゃくちゃ売れてますね!」

063 大師匠を前に、全員直立不動!!

「僕らも若い時は、やっさんと入ってくるときに・・・」

064 西「(はっΣ)やせたな!!おい!!」wwww!!

い、今すかΣ( ̄ロ ̄lll) キュインキュインキュイン今回は、ここまで~

皆様、お付き合いありがとーございました 

065 次回は堀江!

徳「開いたねぇ~~!!」徳井カメラマン復活

以上、「このへん!トラベラー」プチレポートでした~

「大人の笑い」プチレポート!~後編~

ノンスタ大好きさんななです

057 いよいよライブ当日!

ライブ会場には、次々とサラリーマンのおじさん達が列を作っていきました

052_2 やっぱり石田サンが先に会場入り

「おはよーございます!」

053 まずは舞台をチェック

054 「道端でやってたんで

(客席が)近い方が好きですね!遠いより。」おぉ!そーなんやぁ(´ω`*)

055 「おはよーございまーーす!^^」

井上サンが続いて・・・Σ↑いや、そのテロップなんすか!Σ(;・∀・)

056 井上サンも会場チェック

「天井が低いのがねぇ、お笑いする上でちょっと圧迫感を与えるのがどーだろうなっていう感じですけど。

まぁまぁでもお客さんリラックスして見れるような椅子にはなってますし、楽しんでもらえると思ってます!!^^」

058 本番前の気持ち。

井「んーまぁ言うても我々13年目に突入してきましたので。」

059 「ここらで、大人の方々も笑わせれるんだぞっていうところを

世間の方々にアピールしたいなと思いますね!!」

060 石「僕らももう32歳ですもんね。」

井「基本的に石田サンが普段飲みに行ってるような立ち飲み屋さんに来てらっしゃる年齢層の方が今、

いらっしゃるということですからね!」

061 石「そうですね。基本的にはその世代の方ですね。」

井「立ち飲み屋でそーゆーサラリーマンの方とお話することあるわけですよね??」

石「ほとんどそうですね!」 井「その時は、(石田の話術で)大爆笑の嵐・・・?」

062 石「いや僕が笑ってる側です!!

井「スベッてますね!!これ!!

063 今回のライブは

①漫才 ②フリートーク ③漫才 という3部構成だそうで。

大人の男性をターゲットに、ノンスタが挑戦という名目ではありますが

064 今後のためのリサーチではないかと^^;

そんなノンスタの企みが見え隠れする中「Player」の出囃子が流れ、始まった漫才は「男の友情」でした。

男性に向けた新ネタ」を期待してただけに、正直「あれ?(・ω・;)」と拍子抜け

065 おじさん世代の反応を見たいのであれば

長野でスベッたネタで勝負しても良かったんではないかなぁ?と思ったんだけど・・・

そんなに出来が良くなかったのでしょうか・・・。(たしかにかなり勇気いるけど( ̄◆ ̄;))

066 しかし、やはりちょこちょこ石田サンはアレンジを加えてはりました

井「やっぱ男に生まれて良かったなと思いまして!」

石「あ、そうですか?そんなに嫌われてんのに。」 井「はぁ?!」www

067 石「そんなに嫌われてんのに

男に生まれてよかったとか、よくホザケたねぇ^^」

井「誰が嫌われてんねん、お前~!」 石「あなたしかいないじゃないですかぁ!」

井「今日来たお客さん全員僕に会うために来ましたよねぇ??」

╲「 ・ ・ ・ ・ 。」シーーーン╱ 石「見ろ!ノーリアクション!!」www

068 石「もしも『あぁ!そう!!ヽ(´▽`)/』ってなったら

それはそれで、コッチかなぁって思うやろ!」 井「やめろ!!そーゆー話!」www

069 ---という入りからジワジワ本ネタへ。

石「そんなカッコイイこと、どんなカッコイイ人が言うてんねやろ?

わお!がっかり!!」 井「がっかりって何やねん!!」www

070 石「I'ts a  トラブルフェイス!!」

井「NO!!I'ts a ぱーふぇくとふぇぃす・・!!」 石「ΣOHHHHH・・・!!」

071 石「ミステリアスハート!!」www

072 石「いやいや!井上サンの、世の中の評価って

おそらく10段階で3ぐ・・」 井「8!!」www

石「10段階で2・・」 井「9!!

073 石「なんやったら0.1ぐら・・」井「17!!」www

074 石「10段階で17・・・?!え、これは灰皿で殴っていいやつ?」

井「あかんやつや!!」www

075 井「言うとくぞ!

櫻井・松潤・井上です!!

076 石「はぁぁ~~?!入るかいっ!

入ったとして、桜井・坂崎・井上や!」 井「アルフィーやないか!!」www

 
078 石「世の中に男前ランキングがあったとしましょうよ!」

井「うん(w`´)」石「ジョニー・デップとかここらへんや!(ジャンプ)」 井「うん(w`´)」

石「キムタクなんかも、ここらへんや!!(ジャンプ)お前は・・・」

 
080 石「ココやっ!!(ギュゥゥゥ

079 井「低すぎるやろ!!

石「ムギギギ・・・!」井「めりこませようとすんな!!

石「お前の1コ上が”甘栗むいちゃいました”やからな!!

井「何と争ってんねん!オレ!!」wwww

 
082 石「お~?コラァ~!”甘栗むけちゃいました”!!」

井「誰が”むけちゃいました”や!!

石「シブ皮残ってんぞ!!おい!」 井「オシャレな髪型や!!

石「苦いところやろ!これ!」井「そんな話してんちゃうねん!!」www

083 今回は大人向けにスピードをやや遅めにするという。

でも、見ていてそんなに変わらないように思えましたけどどーなんだろ?

ストーリーはいよいよ華僑へ。

086 石「お願いやから乗っけてって!!」

井「服着てんねん!!おい!!」www
 

087 井「どこのどいつが東京スカイツリーぶらさげたまま

バイク乗ってんねん!」ww石「東京スカイツリー・・・?!Σ(ヽ;´д`)」

084 井「東京スカイツリーやんけ!!」

石「あぁコラ!ヤングコーン!!」wwww

085 井「誰がヤングコーンじゃ!!(w`д´)ノ

付け合せで出てくるかボケ~!!」www

~~~などなどしているうちに、石田サンは空港へ。

一人残された井上サン「いーしだー!ユカを絶対・・・幸せにしろよな!!(w`∀´)ノ」~~~

088 石「ユカ、井上がユカのこと好きとか言ってたで!

(ユ)え~!!!気持ち悪いぃ~~~!!」 井「ヒドすぎるやろ!!」www

089 井「もうええわ!!」

「ありがとーございましたーっ!!」wwwwパチパチパチ

とゆーことで、1部終了!

あ、あの・・この前石田サンが「『もうええわ』の前にカメラ目線する」って怒ってたの、これのことでは・・・?

090 ~どうでしたか(手ごたえは)?~

井「わりと思ってたより暖かく、迎えていただいてましたし

若い子の前ではウケなさそうなことも逆にウケてたりっていうこともありましたし」

石「ありましたね!はい。」

091 「やりやすかったのが、若い子の前でやってると

井上がしゃべると悲鳴がおきたりするんですよ。『いやぁ~!!(;´д`)』とか

『うえぇ~~!!(`д´#)』とかあるんですけど、それが男性・・なかったですね。」

092 井「そーっすね。」

石「冷静に『あ、こいつは気持ち悪いな(- -)』っていう目で見てくれてたんで・・」

井「いやいや、気持ち悪いと思ってないからですよ!」石「いや、気持ち悪いなって思った上でノーリアクション。」

093 井「いや、そーゆーことじゃなく・・」

石「まぁ、テンポはやりやすかったですね。」

094 まだ譲れない井上サン・・・^^;

井「たぶん、僕の立ち振る舞いに多分勉強してたんでしょうね。男性方は。

あ、こうやればカッコ良く見えるんやな。っていうのをたぶん・・・」

095 石「ぺっ!!」 ΣΣ(;・∀・)

井「ツバ吐くな!!

096 それでは第2部。

別室で若い女の子も見る大人向けのトークコーナー。

097 だいたい知ってる話でした。

「僕、15歳まで家にテレビなかったんで・・」 ╲「Σえぇ~~~!!Σ(゚д゚;)」╱←かなりビックリしてた^^;

石「あ~^^リアクションいいですねぇ」www

098 オヤジの破天荒話

石「給料もらわないで帰ってくるんですよ!”給料の渡し方が気に食わん”って言って」 wwざわ・・w

~石田家・唯一マトモ?と言われる姉話~

中学生のアキラ少年「姉ちゃんそれどうしたん?」

姉「キスマークやん」←ね、姉ちゃんっΣ(・ω・;ノ)ノ!

ア「え?キス??そんなんやってもつかへんやん(ヽ・д・)」←ぴゅあ。

姉「何ゆってんのん(^3^)ブチュゥゥ」 ア「!!・・・」╲えぇぇ・・・(゜◆゜;)ザワザワ・・・╱

井「体で教えたるってことやな。」石「で・・・なんのことかわかんなかったですけど・・・

反応はしましたね^^;」 井「なんで反応すんねん!!」wwww おい!∑(゚∇゚|||)

099 井「ラスボスがいるんです!」

石田家のラスボス・マモル兄ちゃん話。お馴染み・マラソン大会。

石「校門からトラックに入ってもうたんです!自転車で!『イヤ!あかんあかんあかんっ!!』」wwww

100 続いてテーマは大阪。

最近よくする井上サンのサウナでオッサン対決話。

101 井「そのオッサンらの前に

ドンと立ってやったんです!こーやって。」

でもキライやからな!!」wwwww!!

102 運が悪い話。

●タクシー運転手さんのお家へナビされた石田サン。

石「え、今日のロケ地は・・」 井「ココちゃうわ!!」www

●新幹線でヤンキーと一緒。

井「ヤンキー5人組がシートをひっくり返した窓側の席!!そんなことあります」wwww

石「なんなんでしょうね?僕・・・。だって、受けてもいないバイトの不合格通知届いたことあるんですよ!!」wwww!!

103 ~どうでしたか(手ごたえは)?~

井「まぁ、若い子と違って新幹線の話だとかタクシーの話だとかは意外にやっぱ

皆さん共感しやすかったのかな~とか思いますね。普段、ファンの子の話だとかね

プライベートで知り合った人の話とかをしますけど、どちらかというと今回は

僕らと同じ年代の方が普段経験してるような親しみやすいお話が多かったのかなと。」

104 ついに第3部へ。

井「最後のネタは特にですけども、若い子の前とかでやってるネタですし

スピードも若い子向けのスピードでやるんで、それがどうなのかっていうのが楽しみですね。」

105 最後はそのままのスピードでヤンキーネタ。

なんにせよ、テレビでNONSTYLEの出囃子が聞けることにテンションがあがる。

106 トークを挟んだせいかな?

なんとなく、石田サン・井上サンの人柄が少し伝わったせいか

最初よりも会場の雰囲気が温かくテンションが上がったと感じたのは私だけでしょうか。^^

107 石「トオルーっ!誕生日おめでとーっ!!」

井「いつ言うてんねん!!」www!!

109 井「ケーキを切り分けるな!!
www!!

110 石「ですよね!^^

111 井「しれっと刺さってんねん

112 井「刺さってもうとるこれ!!」

wwww 会場に響くおじさん達の笑い声。

113 石「100年後。このやろぅぅ~~~・・・!」

井「せんでええわ!!」wwww!

114 井「もぅええわ!!」

石「ありがとーございましたー!!」 オジサン席も

115 女子席も 

最後は、NONSTYLEの漫才で 笑顔と拍手でいっぱいになりましたとさo(*^▽^*)o

116 世代や地方によって違いはあるかもしれないけど

私は、スピード漫才はひとつの武器だと思うのですが。

井「そーですね。やってて思うのは、僕も石田君も両方に対して言えるのはやっぱり

早口なのは早口かなっと思いますね。」

117 「早口やけど聞き取りやすい人もいらっしゃると思うんで

早口でも、みんなが何言うてるかわかる、心地いいおしゃべりをもうちょっと考えていかなあかんのかなぁっとは思いますね!」

118 「今は余裕がないから

伝えないと、伝えないとってなってますけど・・・

逆にもう、伝わらなくてもいいんだよ。って言うぐらいの余裕があった方が

多分あの世代はついてくるんだろうなって思いましたね。」←ちょっと難しくて、深い意見やね( ̄Д ̄;;

119 井「その分は僕、能力としてありますんで

大丈夫です!!ふっはっはっはっはっww」 石「・・・」←何か言いたげ

120 ~最後にNONSTYLEにとって「笑い」とは?~

121 井「舞台に立ってる側の人も、

客席で見てる側の人も合わせてそうやと思うんですけれども

122 最高のエンターテイメント、 

1番のストレス発散の場所じゃないですかね。」

123 

124 石「どの本から抜粋してきたやつなんですか?

井「いや、抜粋したやつ違うんですよ!!オリジナリティあふれるやつやから!」

125 石「コピペ芸人の井上サン・・」

井「コピペ芸人違います!!(w`◇´)

126 相変わらずの二人^^;

今回の実験で、何か掴めましたか?( ̄ー ̄)

「大人の笑い」~NONSTYLEワールド~完

« 2012年6月 4日 (月) | トップページ | 2012年6月 8日 (金) »

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト
無料ブログはココログ

Twitter